借金癖は治らない癖の一つ

MENU

借金をするのは簡単だけれど癖を治すのは難しいです

借金をするというのは、生活が苦しくて現金が手元にないから借金をするということです。

 

借金は今は簡単に手軽に出来るものなので、現金がなくて困っているというときには簡単に自分の預金と同じように引き出すことが出来てしまいます。
生活費が足りなくなったらちょっと借りておけばいいや、後で返せばいいやと思ってどんどん借金を重ねていってしまいます。

 

借金の癖というものはなかなか治らなくて、一種の病気ではないかとさえ思ってしまいます。

 

この癖を直すには相当な覚悟がないと出来ませんのでどうしても直したいときには借金をする状況を全て拒否するくらいでないと借金癖は直らないです。
借金をして返済をしていってもなかなか利息などを考えると元金が減っていかないので、借りた分に上乗せした金額がを必要とします。

 

借金をする理由は人それぞれですし借金をしなくてはならない状況になってしまったときには借金も仕方ないと思えます。
しかし癖にならないようにしないといつまでも借金癖が抜けなくて自分が辛くなってしまうので、なるべく最低限だけの借金で終わらせることをおすすめします。

 

 

借金癖がある方の性格・仕事職について

借金をする方の多くは、自分に対する給料に対する支払い能力の限界を超え支払い不可になり自己破産をしてしまう又はローンを立てて地道に支払いを行う2通りのパターンがあると思われます。

 

無論後者の方は現在の給料に対する支払い計画を立てて自己管理が出来問題ないと思いますが問題は前者の方にあると思います。
特に前者の方の多くは何か収入に大きな大金が入りその為、金銭感覚が麻痺しあたかも大金が入った記憶が蘇り更なる大金が次も入るのだと思い込み高額商品や飲食等に利用してしまう。
よって貯蓄など当然なく借金を積み重ねてしまい行く行くは自己破産をしてしまうケースが多く見られます。

 

特に職業柄営業の方や事務職の方に多く見られるようで、営業の方は夜の飲食等に事務職の方は高額商品(ブランドのバック等)による消費が多く自分に対する世間からの見栄より自己管理が出来なくなり計画を持たないその場凌ぎの支払条件を何回も行うことで支払限度額超過を起こし最悪は自己破産を起こし社会人としての立場を棒にする最悪なケースが後を絶たないケースが出ているようです。

 

 

借金癖になりやすい人の金銭感覚

借金癖に陥りやすい人は、だいたいにおいて常日頃から出費に対して備えるという習慣のない人が往々にして多い傾向にあります。
パターンとしては、お給料日を迎えた後に貯金に回すことをせずに、基本的に毎月すべて使い切ってしまいます。
普段からそのようにして早々に使い切ってしまうので、もちろん節約や支出の抑制ができていません。

 

そして、結果として、予定外の急な出費や税金の支払いなどの月単位ではない支出が発生した時に支払いに窮してしまいます。
はじめのうちはその時々でお金を借りたりしてなんとかその場を凌いでいきます。

 

しかし、何度かそういうタイミングが重なったり繰り返しているうちに、借りられるお金を「自分の使えるお金」と捉えるようになります。
そうするとお金を借りている状態が常になってしまい、借金が常態化してしまいます。

 

だんだん借金をしているという感覚が薄れてしまうので、足りないお金はお金を借りればよいという風に思うようになります。
そうなると、いよいよ借金癖の負のスパイラルに深くはまってしまうのです。

 

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

登録フォーム

ページランク3以上、発リンク数100以内のサイト様で、下記のリンク設定をして頂くことが条件となっています。
下記のリンクタグを掲載後、登録フォームからお申し込みください。

 

 

<a href="http://www.plantsvszombiegame.org/" target="_blank">http://www.plantsvszombiegame.org/</a>

 

 

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。

 

最新登録サイト表示

サイト名PRリンク
1イクオス10
2チャップアップシャンプー10
3スローグロー10

 

トップページ紹介サイト

サイト名PRリンク
1チャップアップシャンプー10
2イクオス10
3自己破産 相談10
4スローグロー10
5ミュゼ 岡山10